低糖質市場は着実に成長、アイテム増で競争も激化へ – 日本食糧新聞

低糖質市場は着実に成長、アイテム増で競争も激化へ – 日本食糧新聞

富士経済の調査によると、2018年度の糖質オフ・ゼロ市場は前年比4.6%増の3514億円に拡大し、2019年度は同2.8%増の3612億円へ伸びる見込み。生活習慣病予防やダイエットのニーズなどに加え、近年の「ロカボ」(緩やかな糖質制限)ブームがけん引する格好で堅調に拡大している。
長期的に続く食の健康トレンドを背景に、毎年新たな切り口が出ては消えていく中、低糖質市場は一過性のブームにとどまらないポジションを確立するとともに、堅実な成長軌道へ乗ったといえそうだ。