低糖質の「ムシ」はいかが 欧米で注目集める“昆虫食” 沖縄発の会社がビジネス参画 – 沖縄タイムス

低糖質の「ムシ」はいかが 欧米で注目集める“昆虫食” 沖縄発の会社がビジネス参画 – 沖縄タイムス

 コオロギは、高タンパク・低糖質で、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に取れる。また生産に環境負荷が低く、温室効果ガスの排出は牛の100分の1、生産に必要な水使用量も牛の2千分の1に抑えられるという。タイでは、農家の副業として食用コオロギの養殖が盛んで、農家の所得向上にも貢献できる。
 欧米では食肉に代わる新たなタンパク源として注目を集めており、昆虫食ビジネスや投資も拡大傾向にある。アメリカでの昆虫食市場は、今後5年以内に約53億円まで拡大するというデータや、スナックバーやプロテイン粉末などの市場は、約6兆500億円に上るという調査もあるという。